​よくある質問

>Q1.汚染土壌・地下水の浄化工事かかる費用はどのくらいですか?

A

一 概にお答えすることは困難ですが、従来の工法に比べて「低コスト」での浄化をご提供することができます。弊社の技術は、「コストパフォーマンスが高い浄化 工法」だけでなく「収益機会の損失」「工期」「安全」「品質」を含んだ、お客様のトータルメリットを追求しております。詳しくはお問合せください。
 
>Q2.稼働中の工場で、仕事を止めずに浄化工事はできますか?

A

はい、できます。当社の得意技でもあります。
稼働中の工場やガソリンスタンドあるいは、建物が残ったままの状態でも浄化工事は可能です。現地の状況や工法にもよりますので、詳細はお問合せください。
 
>Q3.フェントン工法では油汚染の浄化は難しいと聞いていますが…

A

「ISOTEC工法」は、ガソリン以外でも重油や灯油・軽油も浄化します。
従来のフェントン法では、高濃度の油汚染や、軽油・灯油などのガソリン以外の油の浄化は困難でした。
「ISOTEC工法」は、従来のフェントン法とは一線を隔した工法です。「ISOTEC工法」以外でも当社は油分の原位置浄化技術を有しています。詳細はお問合せください。
 
>Q4.地下水に浄化剤を注入して安全ですか?

A

はい、大丈夫です。
「ISOTEC工法」に用いる浄化剤は最終的に水と二酸化炭素に分解します。従来のフェントン法のように赤水が発生したり、土壌中の酸性度(pH)を変化させませんので、環境にとても優しい工法です。
 
>Q5.ダイオキシンを浄化するためには、専用の施設に土壌を持ち出さないといけないと聞きましたが…

A

いいえ、現場での浄化も可能です。
「原位置熱脱着工法(ISTD)」では原位置、つまり現場の土壌を動かすことなく浄化ができます。原位置での浄化が適当でない場合には、現場敷地内においてでもあるいは、敷地外に搬出してでの浄化も可能です。
状況により様々なケース、例えばドラム缶に汚染土壌が入ったままでの浄化や、河川・港湾の浚渫土壌の浄化などにも対応が可能です。
 
>Q6.汚染土壌を暖めて浄化する工法は、隣の家に悪影響を与えたり、樹木を枯らしたりしませんか?

A

いいえ、問題はありません。
お尋ねの工法は「原位置熱脱着工法(ISTD)」ですが、浄化対象範囲の外部にはほとんど影響を与えません。
また、土壌を変質させない温度でゆっくり汚染物質を浄化しますので、浄化完了後の土地使用に特に差し障りはありません。